納骨堂や葬儀のありかたを見直す~現代葬儀マネジャー~

静かに供養する

葬式

納骨堂での供養を選ぶ人の中には、もちろん故意にそうしたいわけではない方もおられるでしょうし、実際に葬儀や線香焼香を行ってくれる身寄りの方がおられないこともあるでしょう。納骨堂で供養することは、線香を上げる場所もなく静かに故人を眠らせる方法となります。納骨堂は、事情により墓を建てられない場合や葬儀を行えないほど経済的に逼迫している場合、線香を上げに来る方がおられない無縁仏となってしまった場合に遺骨を納める場所です。その事情は人それぞれですが、いずれにしろ葬儀や墓を出せない、その後の供養ができないといった方の受け皿になっていることには違いありません。遺骨を屋内に安置する納骨堂では、線香を上げるなと言っているのではなく、施設の安全管理上火が使えないといった背景もあって線香やローソクを禁止していることが多いようです。もちろん、納骨堂によっては共同の参拝所を設け、焼香やお供えができるようになっているところもあります。事情により静かに眠ることとなった遺骨を安らかに供養するのが納骨堂なのです。

生前に納骨堂を選ぶということは、子供の将来に費用や手間の負担を掛けまいとする親心でもあります。もちろん、葬儀や墓なしでそのまま納骨堂に納めてもらうような供養に関して子供が納得すればの話ですが、そういった供養を選ぶ可能性は年々増えてきています。その場合もまだ子供たちが納骨堂に線香を上げに来てくれる可能性もなくはないですが、その手間や費用かけさせるのも申し訳ないと考えることも、家族それぞれの生活を別に確立するようになった今では不思議なことではないのです。

納骨堂選び

数珠

納骨堂を利用すると決めたのであれば、納骨堂を選ばなければなりません。納骨堂にもロッカー式のところや仏壇式のところなど様々です。ホームページなどで事前に確認しておくと良いでしょう。

詳しくはこちら

合同法要する

男性

納骨堂は今度も利用者が益々増えていくことが予想されます。霊園墓地よりも急激に選ぶ人が増えていることに加えて、今後も高齢化社会や核家族化が進むにつれてその動きは強くなるでしょう。

詳しくはこちら

現代のスタイル

フラワー

昔から、墓を守るのは子供の仕事とされてきましたが、単身家族が増えた今ではそれもかなわなくなってきました。しかしその流れも変わりつつあり、現代では納骨堂を利用した供養が増えてきています。

詳しくはこちら