納骨堂や葬儀のありかたを見直す~現代葬儀マネジャー~

納骨堂選び

数珠

自分に家族や親族がいる場合は自分の没後については相談しておくべきですが、納骨堂で供養してもらうことを決めたのであればおそらくそれは身内の負担を減らすため、または相談する身内がいない場合でしょう。そうなると、自分を納めてもらう納骨堂くらいは自分で決めてしまっても罰は当たらないのではないでしょうか。自分のための納骨堂ですから、じっくりと検討して決めることをおすすめします。納骨堂にもいくつか種類があり、ロッカー式になっていてそこに骨壺だけを納めるもの、仏壇式や墓石式といった本来の形に近づけるもの、位牌式で他の方の位牌と一緒に並ぶもの、また合祀墓のように他の方と同じ場所に納めてもらうものなどが主な形式です。自分がどのようなものに入りたいか、また供養してもらうならどの形かなど希望の形を時間をかけて考えながら決めておきましょう。種類によって線香を上げられるようになっているところやそうでないところ、共同で供養してもらう場所が設けられているところなどさまざまです。葬儀に関しても、親族の負担を減らすために行わないといった方も多いでしょうから、少しでもお金のかからない方法にするのもよいですし、没後くらいは少しは手厚くしてほしいという願いがあるならそういったところも探しているうちにきっと見つかります。

納骨堂はインターネットで簡単に見つけ出すことができます。特に都心部を中心に、納骨堂の数は増え続けています。それぞれの納骨堂で、対応してくれるサービスや供養方法は違ってくるので、事前に確認しておくと良いでしょう。