納骨堂や葬儀のありかたを見直す~現代葬儀マネジャー~

現代のスタイル

フラワー

次世代への負担

核家族化が進み、また近隣や親類縁者とのかかわりもほぼないような生活をしておられる方も大勢いらっしゃいます。そして、子供たちとは完全に生活を別にし、老後に関しても子供の世話にはなるまいと決めている方も多いのではないでしょうか。それは寂しいことでもありますが、個々の家族がそれぞれの生き方を選ぶようになってきた昨今では仕方のないことともいえます。遠方に行ってしまって長年経つような自分の子供に老後の世話をしてくれと頼むことや、葬儀や墓に莫大な金額をかけてしまうことをためらうように考えていることも、責められるべきではありません。

子供がいないとき

子供がいれば没後の供養に関して話し合いもできますが、子供がいないときには、すでに墓を守ってくれる存在は望めないわけです。配偶者がいたとしてもそう長くは生きていないことが考えられますし、すでに死別・離婚している場合も、もとより配偶者を持っていない場合も考えられます。そんな方にとっては納骨堂は受け皿として非常に心強い存在です。納骨堂に納められることによってこの先の供養を希望している方にとってはその希望がかなえられますし、万一無縁仏になってしまっても自分の遺骨が落ち着く場所は確保されるのです。そのような理由から、生前のうちに納骨堂を購入する単身者の方も多くおられます。しっかりしているうちに打ち合わせをしておけば、永代供養にするときもどれくらいの期間までかを決めておけば、没後の自分がどうなるかを明確にできて多少は安心できます。葬儀もなく線香を上げに来る身内もいないことが生前にわかってしまっているとき、事前に準備を始めることで少しでも安らかな没後を迎えることが可能になります。