納骨堂や葬儀のありかたを見直す~現代葬儀マネジャー~

合同法要する

男性

納骨堂に納められた遺骨は、無縁仏となってしまった場合でも他の方と一緒に合同法要を行っていただけます。いくら今単身で線香を上げてくれるような身内がいないことがわかっていたとしても、没後のことを考えるとそのまま放置されてしまうのはやはり寂しいものがあります。納骨堂を管理する寺院であったり自治体、民間は、決められた期間の没後法要まではきちんと供養を行っています。少しでも孤独を和らげるために尽力していただいているともいえます。そのような方々に守られながら没後を過ごすことができると、たとえ葬儀を行っていなくても滞りなく仏様になれる気がしてきます。しかしその供養を個別に行うことはさすがに困難であるため、合同法要が行われるわけですが、それでも忘れられているわけではないと考えると安心です。これから先、少子化などの社会情勢的にもこのような孤独な単身の方は増えることが予想され、その分納骨堂や永代供養墓の需要は高まってくるはずです。自分の没後はひっそりと。それが致し方ないと取るか、それもいいものだと取るかは個人差ですが、手厚く供養してもらえる施設なら不安も少しは和らぐのではないでしょうか。

納骨堂は、核家族化が加速するにつれて益々利用者が増えていくことが予想されます。その為、今後は納骨堂のサービスもより充実したものになっていくでしょう。納骨堂でなくとも、永代供養が出来る場所は都心部を中心に利用者が増えていくとも言われています。もしも今後子孫繁栄が期待できないのであれば、あらかじめ納骨堂を選んでおくのも賢い選択です。